FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伊達紋別岳
2018年5月12日 伊達紋別岳に行ってきました。
前回登ろうと思って登山口まで行って、ガスと強風のために断念した山です。
1 伊達紋別岳登山口
今日は打って変わって快晴!
これは気持ちの良い登山になるぞ!

伊達紋別岳は2011年と2012年に行ってますが、2011年の時はシラネアオイの丘の残雪で断念しています。
前回の2回はいずれも4月中旬。
道南でも降雪量の少ない此の地域は夏山も早いため、4月中に夏山を楽しめるシーズンスタートの山にしていました。

2 登山届
登山道を出発してなだらかな斜面を少し登るといきなり急登になります。
6年も前になるので記憶が曖昧だったので、こんなに急だったっけ?とびっくりしました。
登山届を記入してさあ、出発!

しばらく登ると人工林に朝日が降り注ぎ、とても気持ちよかったです。
4 人工林に朝日が降り注ぐ

カシワの林やトド松の植林地をすぎると間もなく一望台。
ここからはちょと低い位置で洞爺湖~羊蹄山まで見ることが出来ます。
5 一望台からの眺め

ふと空を見上げるとミルフィーユのような雲が浮かんでいました。
6 ミルフィーユのような雲

さらに登ると「いっぷく広場」。
先客がいたのでかるく羊蹄山の写真を撮り休むこと無く、先に進みます。
7 いっぷく広場からの羊蹄山

その先に前紋別岳があります。
進む先を見るとコルを挟んで紋別岳山頂を見ることが出来ます。
8 前紋別岳から山頂を望む

コルへ降りる途中で遅めのシラネアオイが満開でした。
9 シラネアオイ

シラネアオイの丘を越えるとすぐに残雪があります。
早い時期だとここはアイゼンが欲しくなるようなトラバースになります。
今日はほんの少し残ってるだけでした。
9 時期が早いとここはアイゼンが必要になります

1時間30分で紋別岳山頂に到着。
たくさんの人が休んでいました。
10 紋別岳山頂

快晴の今日は306°の眺め。
11 山頂からの洞爺湖とニセコ山系
洞爺湖とニセコ山系

12 積丹半島の山々
積丹半島の山々

13 有珠山と昭和新山
有珠山と昭和新山

14 うっすらと駒ケ岳
うっすらと駒ヶ岳も見えています

15 室蘭方面
室蘭方面の眺め

まだ9:30を少し過ぎた所。
お天気に誘われて周りの風景を写真に収めます。
温かく気持ちの良い山頂でなので珍しくお湯を沸かし、コーヒーなんぞをいただき、40分ものんびりしてしまいました。

下りは1時間15分。
ちょうどお昼時なのですが、もよおしてきてしまって即座に街なかに出、ヤマダ電機のトイレを借りてホッと一息。
そこの駐車場の車の中でお昼ご飯を食べました(何とつまらない)(T_T)

やっぱり天気の良い日の登山は気持ちいいですね。
伊達紋別岳_R

そう言えば、最近、カシミール3Dが有料になってしまい困っています。
これだけ素晴らしいソフトなので有料は当たり前といえば当たり前なのですが、ログを地図に反映して載せるだけの使い方の僕としてはお金を払うのはちょっと・・・。
もっと自分なりに使い倒すことが出来れば全然有料でも構わないのですが。
どうしてこうなってしまったのか・・・・?
スポンサーサイト
有珠山
2018年4月24日 有珠山に行ってきました。
本当は伊達紋別岳に登るために登山口まで行ったのですが、強風とガスで登降意欲をそがれてしまい、こちらに転進しました。
すぐ近くの山なのに、有珠山は穏やかでした。
夏山としては2011年4月26日以来です。
2017年4月4日にはスノーシューを履いて有珠新山方面に。2018年1月17日には大有珠に行っています。
1有珠山登山口
登山口には車2台程度しか停められないのですが、今日は誰もいません。
登り始めると緩やかな上りのあと、アップダウンを何度か繰り返すところがあります。
3 アップダウンの中にある長い階段
急な階段が設けられていて、とても良く整備された登山道です。
4 オオバナノエンレイソウ
途中、オオバナノエンレイソウを見ることが出来ました。
5 ウサギさんが可愛い
8 地元の小学生が書いた動物のイラスト
途中の看板には可愛いうさぎさんだとか地元の小学生が描いたイラストだとかがあり、心癒されます。
9 天然の良港 有珠湾
また振り返ると天然の良港・有珠湾が見えます。
ここまで来ると間もなく外輪山です。
10 外輪山に到着
外輪山展望台には有珠山の成り立ちの説明書きがありました。
7000年前はコニーデ型の山だったんですね。
12 南外輪山展望台
そこから左に回ると南外輪山展望台があり、そこからは低く垂れ込めた雲と大地の間に羊蹄山の裾野を見ることが出来ます。
14 今なお活動を続ける活火山
そこから反対側に戻って行くと山肌から噴煙を上げるダイナミックな姿を見ることが出来、今なお活動を続ける山の胎動を感じることが出来ます。
15 現在位置から有珠山ロープウェイまでには269段の階段が待ち受けています
その先、有珠山ロープウェイの山頂駅に行くには269段の階段が待ち受けています。
16 しかし、そこから先は通行止め(^_^;)
意気込んで進もうとした所、立入禁止のロープが張っておりここで断念しました(ホッ)(^_^;)
下山まで約3時間30分ののんびりしたトレッキングを楽しむことが出来ました。
積丹岳(リベンジ)
2018年4月18日 積丹岳のリベンジに行ってきました。
前回は強風に負けて途中撤退してしまったので、今回は絶対山頂を踏むぞ!との決意で望みました。

前回と同じように天気は快晴!
とっても登山日和でした。

適度な雪解けで、危なげない登山になりました。
山頂からの滑降もとても気持ちよかったです。

1駐車スペース
駐車スペースでは先行者が出発するところでした。

2 天候が崩れるような雲ではありませんでした
少し雲がかかってきましたが、天候を崩すような雲ではありませんでした

3 飛行機雲
青空に飛行機雲が気持ちよかったです

4 前回の最終到達地点
前回の最終到達地点です

5 さあ、この大斜面を登るぞ!
さて、山頂直下の大斜面を登るぞ!

6 積丹岳山頂
積丹岳山頂

7 狩場山山系がくっきりと!
狩場山山系がくっきりと!

8 岩内岳を中心にニセコ山系
岩内岳を中心にニセコ山系

9 アンヌプリを中心にニセコ山系
アンヌプリを中心にニセコ山系

10 樺戸山系
樺戸山系

2018_4_18積丹岳_R
GPSトラックログ
積丹岳(途中撤退)
2018年4月10日 積丹岳に行ってきました。
ただ、今回の山行は途中撤退でした・・・(T_T)

お天気は上々。
1 積丹岳駐車スペースにて
駐車スペースに来たときも青空が広がっていました。

2積丹岳避難小屋
順調に避難小屋まで進みました

3スノーモビルが・・・
そこから上を目指して進んでいくと、遠くからエンジン音が聞こえてきました。
スノーモビルのようです。
遠かったのですが一応写真を撮ることが出来ました。

4山頂は強風が吹いているようです
何も不安要素はなかったのですが、上に行くにしたがって風が強く吹いてきました。
ここまで登るのに結構体力を使ったことも相まって、風の通り道である山頂直下のコルから先の風の通り道を通過することが出来ませんでした。
情けない・・・(-_-)

5今日の最終到達地点ということで山頂を目の前にして途中撤退です。

6羊蹄山の凛々しい姿が!
羊蹄山がはっきりと見えてました。

次は頑張るぞ!
室蘭岳
2018年3月17日 室蘭岳に行ってきました。
前日のバケモノ山はオバサンと一緒でしたが、今日オバサンはマリンパークニクスに行くと言うことで別行動です。
前日、登別万世閣のバイキングでお腹いっぱい食べ、じゃらんでの予約者限定のお土産をもらって大満足の一夜でした。

オバサンをニクスのPで降ろし、◯◯時間後に迎えに来ると打ち合わせをしていざ室蘭岳へ!
何度も登っている室蘭岳。
3月の言うこともあり、スノーシューは必要なく、ツボ足で山頂まで登れました。
これは厳寒期でもそれ程変わりませんが・・・。

以前にここからカムイヌプリまで縦走をしようと思って途中で撤退した苦い思い出が蘇ります。

今日は天気も上々で気持ちの良い登山が出来ました。

1登山口
室蘭岳登山口

2白鳥ヒュッテ
白鳥ヒュッテ

3 ダケカンバの中の登り
ダケカンバの中の登り
清々しいダケカンバ林の登り

4 室蘭岳山頂
室蘭岳山頂

5 室蘭湾 向こうには駒ケ岳
内浦湾を挟んで向こう岸には駒ケ岳が

2018_3_17室蘭岳_R
GPSトラックログ
Copyright © おじさんおばさんの北海道登山日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。